自分ブランドと自分メディア構築オンライン講座

詳しくはこちら


 

これから在宅ワークを始める方へ「ブログなどのWebライターになりたいのですが、何から始めたら良いのか?教えてください」

これから在宅ワークを始める方へ「ブログなどのWebライターになりたいのですが、何から始めたら良いのか?教えてください」 おうち起業

「ブログなどのWebライターになりたいのですが、何から始めたら良いのか?教えてください」ということですね!

Webライターになりたい方へお届けします!

 

自分のブログを持つと決める

Webライターということは、書くプロ。

継続して書ける
同じ品質で書ける

 

 

WordPressで自分のブログを構築する

私の経験ですと、大手の出版メディアもオウンドメディアとしてのブログサイトでも基本WordPressで構築されています。

 

投稿が頻度高くなる場合は、WordPressの投稿専用の管理画面を渡されることがあります。

 

Webライターと言えば基本、WordPressとセットだと思っていた方が良いと思いますので、書くことに慣れる、Webツールを使いこなすことを目標にしましょう!

 

何の領域で書けるのかを洗い出す

調べればどんなジャンルでも書けると思います。

ただ、とても効率が悪いので、自分の得意なジャンルを知っておくことが大事です。

 

例えば、美容。

美容の中でも、コスメなのか、エステサロンのレビューなのか。

 

美白に詳しいのか、スキンケアなのか、メイクなのか、エイジングケアなのか…

 

美容と言ってもその中で細分化していったときにどこを深堀できる、または横展開できる記事が書けるのか棚卸しましょう!

 

キーワードを決めてとにかく書く

まずは自分のブログを書くことを習慣にしましょう。

 

書けるジャンルを選んで、そのジャンルが検索されるキーワードを選定していきます。

 

そのキーワードからクリックされるタイトルを考えてみましょう。

何を書けばいいか…わからないと思います。

まずは考えたタイトルをそのまま検索窓に入力して実際にどんなページが検索の上位を占めているのか確認しましょう。

 

表示されているページを読んでみて、そのキーワードで検索した人が納得してくれる記事になっていたらそのような傾向の記事を目指します。

 

まったくそっくりではダメです。

 

検索エンジンは「オリジナル」をとても大事にしてくれます。

検索した人に役に立ちそうなあなたらしい見解を記事として書いてみましょう。

 

ただ、自分のブログの場合はこの個性は必須ですが、Webライターとしての記事を依頼されて書く場合は、個性全開ではなく、個性はほどほどにして書く必要があります。

 

そのWeb媒体のイメージもありますので、依頼されて書く場合は、先に調査しましょう。

 

 

クラウドサービスに登録する

例えば、ランサーズに登録して案件を探してみましょう。

ライティングができるという風にカテゴリーされていれば意外と依頼のオファーはあります。

 

まずはお金を頂きながら学ばせていただくという観点で取り組むことをお勧めします。

 

まとめ

まずは自分が「Webライティングしてます」ということを外に向けてわかるようにするには、ポートフォリオ(作品集)としてのブログが必要です。

 

多くはWordなどの原稿としてお渡しすることもあります。

案件によっては直接「WordPressの管理画面から投稿して!」ということもあります。

 

その時に、知らない…ではスムーズにお願いされないので、WordPressの管理画面の使い方には慣れておいた方が良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました