自分ブランドと自分メディア構築オンライン講座

詳しくはこちら


 

WEB集客デザイナー宮城島一未式「一流と二流の違い」とは?

WEB集客デザイナー宮城島一未式「一流と二流の違い」とは? ブログ

「一流と二流」

なぜそれを語る?

それは私の目標としてきたこと。

二流から一流への途上。

 

もしあなたが二流のままで良きとするなら必要ありませんが、もし「一流を目指したい」とお考えでしたら、共々に進みましょう!

 

私が思う一流の人とは

仕事ができるは当たり前。
自分の利益の前に、他者への利益や貢献を考える人間性をもっている。
すなわち、人間ができてる人。

 

私はそれを「本物」と言う!

 

私は、本物になりたい!

 

 

一流は自分を言語化できている

  • やりたいことがわかっている
  • 行きたいところが決まっている
  • 何が好きで何が嫌いかはっきり言える

 

そして、腹の中に何もない
ストレスフリー状態

 

 

では二流とは?

仕事ができることは当たり前。
「誰のため」が自分の生活のためだけの人。

 

自分の生活のためだけに生きているから、どこかに「ストレス」がかかっている。

 

時間から時間までの仕事の中で、言われたことをやるだけでは社会人としてまだ二流!

これ、二流が悪いと言っているわけではなく。

そこは「今の自分」を見つめてみてほしい。

 

 

二流から脱出する方法

その職場、コミュニティの中で「いてほしい存在になれるかどうか!」

周りを見渡して、「何か足りてないことはないか?」という視点で観察してみる!

そして、次の行動を予測して先に手を打っておく。

こういうことを愚直に繰り返していく。

 

そうすると、そういう行動は誰かに発見されていく。

発見されようとしてやらなくても、ちゃんとわかる人にはわかります。

 

 

まとめ

一流と二流の違いとは、「それが誰のためなのか」という視点を中心においているかどうか…という違い。

 

私は本物になる!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました