これから起業する女性の方へ「ところで、これから起業したいと考えているのですが、ペイパルの基本的な使い方を教えてください」

これから起業する女性の方へ「ところで、これから起業したいと考えているのですが、ペイパルの基本的な使い方を教えてください」 Paypal

今の時代、オンラインで決済できるツールを持たないのはNGです。

いろいろあってわからないというあなたのためにまずは、PayPal(ペイパル)をおすすめします。

その基本的な使い方について、お届けします。

 

請求できるのがビジネスアカウント

オンラインで決済したいということは、お客様にご請求するという立場になります。

ということは「ビジネスアカウント」を取ることになります。

 

 

ビジネスアカウントの作り方

動画を参考に!

フリーランスやオンラインサービス必須!PayPalのビジネスアカウントの登録の手順

 

PayPalの具体的な使い方

基本的にはお客様にPayPalのアカウントを作ってもらうことになります。

  • サイトに支払い用のボタンを貼って、PayPal公式サイトで決済していただく
  • 支払い用のコードをメールで送って、PayPal公式サイトで決済していただく
  • 請求書ツールを使ってメールで送り、PayPal公式サイトで決済していただく

 

この方法が一般的です。

 

 

支払い手段は?

クレジットカードと銀行振り込みが選べます。

銀行の場合はどこでも大丈夫ではありません。

大手の都市銀行とゆうちょ銀行。

多くの方はゆうちょ銀行の口座をお持ちだと思いますので、PayPal決済は有効です。

 

 

手数料がかかるということを忘れない

お支払いをいただくというのは、意外とストレスです。

それを代行してもらうということですので「手数料」がかかります。

一律ではなく金額に合わせての手数料。

 

5000円の請求からですと、いま220円の手数料がかかりますので、4780円があなたのものとなります。

 

 

資金の移動にも手数料がかかる

PayPal口座に入金されているイメージですが、こちらのPayPal口座からの入出金はできません。

出金するためには、PayPalから資金の移動をします。
60000円以上の資金移動は無料ですが、それ以外は一律250円かかるので、PayPal残高が60000円以上になってからでも良いかと思います。

例えば、10000円だけ資金移動したい時には250円かかるので、9750円が指定口座に移動してくることになります。

 

 

まとめ

PayPalをはじめ、○○ペイみたいな決済方法がたくさん出揃っています。

 

クレジットカードが使えないという問題に、そういったペイさんは使えないと思っている方は多いようです。

そんな中で、銀行口座との連携がとれるPayPalは、「ゆうちょ銀行と連携がとれる」という点で、最終的に選ばれる決済方法だと思います。

 

PayPalも実在しないサービスのしかも高額の支払いには、凍結ということも近頃はあるようです。

基本的に一括請求なので、高額をご請求する場合は気をつけましょう!

 

とはいえ、間違いない適正なサービス提供をされている場合は、PayPalをおすすめします。

【無料】メルマガ登録はこちらです
あなたのビジネスを「貢献スタイル」に
秘密のデータを公開!Facebookページの投稿を見てもらうためにほとんどの人が「やってないこと」 これについて、データを動画でシェアしています! これをやれば、見てもらえる! まずはこの無料動画をきっかけにしていただき、実践することであなたのビジネスを加速させてください。 お役に立つことを毎週金曜に配信してまいります。
Paypal Web活用 ブログ 起業の思考
宮城島一未をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました