自分ブランドと自分メディア構築オンライン講座

詳しくはこちら


 

これから在宅ワークを始める方へ「初めてのオンラインZOOM講座なのですが、録画機能の使い方と保存方法を教えてください」

これから在宅ワークを始める方へ「初めてのオンラインZOOM講座なのですが、録画機能の使い方と保存方法を教えてください」 ZOOM

Zoomは録画ができるので、大変便利です。

 

コロナ禍にあって加わった機能として、レコーディングが始まる時にアナウンスされるので、参加している人全員がわかるようになりましたね。

 

左上の方にレコーディングしていれば、赤いボタンが点灯しているので「眠い顔」「ふざけ顔」は気をつけてくださいね(笑)

ホストのみレコーディングできる

レコーディングボタンは基本、Zoom開催者、ホストがコントロールしています。

参加者はレコーディングボタンを押すことができないようになっています。

 

 

録画は有料の場合、ローカルとクラウドに保存できる

基本的にどのプランでも録画、レコーディングはできます。

 

保存する場合が、ローカル。

ローカルとは、自分が今使っているパソコンのフォルダの中。

 

Zoomをダウンロードすると、ドキュメントフォルダに「Zoom」
というフォルダが作られます。

 

そこに、レコーディングされた動画、音声を残すようになっています。

 

あまり長すぎる動画になると重いので、いつまでもローカルに保存しないで、ハードディスクなどに移動するか編集して、YouTubeやvimeoなどにどんどんアップして削除します。

 

一方、有料プランですと、同じくローカルとクラウド上に1GBの保存領域が確保されています。

 

パソコンに置いておきたく無いものなどは、クラウドに保存しておくのが良いと思います。

 

ただ、保存容量は決まっているので、編集してYouTubeや vimeoにアップするなり、削除するなりして入れたまま放置しないようにしましょう!

 

ミーティング終了で、動画の生成開始

ミーティング終了で強制的にレコーディングは終了します。

 

そのあと、動画の保存になりますが、長いミーティングやセミナーであればあるほど、その生成に時間もかかるので、イライラしないようにコーヒーでも飲みながら、お待ちください。

 

保存がローカルならローカルフォルダが最後、表示されて「オッケー」で保存管理。

 

クラウドの場合も長いミーティングであればあるほど、時間がかかるので、同じく待ちましょう!

 

まとめ

Zoomの録画についてお届けしました。

 

ご参考になれば幸いです〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました