自分ブランドと自分メディア構築オンライン講座

詳しくはこちら


 

これから起業する女性の方へ「おうちで起業する予定ですが、子育てをしながら両立する方法や考え方を教えてください」

これから起業する女性の方へ「おうちで起業する予定ですが、子育てをしながら両立する方法や考え方を教えてください」 おうち起業

私がよく言われる言葉。

「自宅でもどこでも仕事ができていいですね。羨ましいです。」

 

私は2010年当時、子どものそばで仕事ができるようになりたかったので、そのようになるために努力してきました。

4人の子どもの子育てをしながら。
シングルマザーとして。
在宅起業。

いまでは、おうち起業などと言いますね。

ということで、今回は子育てをしながら仕事を両立する方法や考え方を私の経験を踏まえてお伝えしようと思います。

 

なぜおうち起業(在宅起業)しないといけないのかに向き合う

言わないと通じません。
家族がいればなおさら。

 

夢や希望はまだフワッとぼんやりしている状態ではないですか?

まずはそんな自分ゴトに向き合って、そのフワッと感を、言葉にしましょう!

 

「なぜあなたがおうち起業したいのか」

「それは誰のためか」

 

もし、それが「あなたのため」や「家族のため」だとしたら、それは当然のことなのです。
が、それをあえて口に出す必要はありません。

口に出した途端に、「じゃ、がんばってくださいね」と世間にはシレーっと右から左に流されていく運命ですから。

 

それがたとえ「おうちでできることで」「おうちでかんたんに」というフワッとした回答だとしたら、成功しないはずです。

 

起業とは、高い価値を提供して対価を得ていくことですから。

お金をいただくことは、大変なことです。

 

少しのことで自分の信念を曲げるようなら起業はやめて、子育てに専念してください。

 

あなたの経験を手段にして、貢献していくという思考が無いと、起業する強い動機にはなりません。

お金持ちになりたいとか、儲けたいとかそういうギラギラした気持ちは、子育て中のあなたには似合いません。

 

起業と子育ては一緒です。

 

育てていくのにとても骨が折れることの連続ですから。

子どもは道具ではなく、愛でるもの。

 

起業もお金持ちになる道具ではなく、貢献していくものです。

欲、外してください。
あなたには似合わない!

 

 

家族の最低限のスケジュールを確保

子育ては使命です。

 

そこに割く時間は最低限、先に確保します。

そうするとスケジュールで、空いている時間ができますね!

その時間を「仕事の時間」として割り当てます。

子育て中ですと、意外と自分の時間がないんです。

 

どうでしょう?

 

私が一番子育てでてんてこまいしている時の自分の時間をスケジュール帳で確認したことがあったのですが、たったの15分しかありませんでした。

これはヤバいと、根拠なく焦っていた時もありました。

結局、朝の時間を早めに確保して「仕事する」のが効率が良さそうでしたから、朝の4時起きで仕事していた時もありましたよ。

それがなかなか清々しい。

 

ですから、子どもたちと一緒に寝てしまいましょう!

仕事は朝に、精一杯!

でも、お客様があっての仕事。

突発的に急な仕事が入るということももちろんあります。

その時にお客様に、「子どもがおりますのでできません」を通してしまっていいものか…

とはいえ、時と場合によりますが。

 

あなたを選んでお仕事の依頼があるなら、子どもやパートナーには「真剣に仕事に向き合っていること」を常に伝える努力はしてください。

そのためには、普段から仕事の内容についてはコミュニケーションを取るという観点からも「楽しく伝える」ことです。

 

 

甘えない(本気ならパートナーはいないと思え!)

私はシングルマザーなので、起業しようと思った当初は当然パートナーはおりませんでした。

私の場合はパートナーがいないことが良かった。

 

要するに「甘えない」ということです。

 

仕事の大きさや納期によっては、家族の時間を犠牲にしなくてはいけない時も実際にはあります。

私の場合、もう子どもも大きくなりましたので、真夜中まで仕事をすることはよくありますが。

仕事をしていることで、子ども達に「仕事をするな」と止められた事はありません。

それは、もちろん甘えるパートナーはいないですが(笑)

 

子どもたちにも迷惑をかけずに、家事も地域の役員なども全部やり切ってきたからだと思います。

そうしていると、自然に「ママ、洗い物やっておこうか?」とか、「洗濯干しておくね」とか、気遣ってくれるようになりました。

 

寝ずに頑張ってよかった(笑)

自分のキャパは、甘えないことで大きく深くなっていきます。

言い訳しないことが秘訣です。

 

 

3年後を見てろ!と歯を食いしばる

あまりそういう人はいないことを祈りますが(笑)
何かを始めようとする時には必ず外野の意見が思いもしないところから入ります。

 

ただ、その横槍、あながち間違ってもいない。
言われて悔しいのはまだ成果にもなっていないから。

ゼロからイチにしていく作業をしていくのが、「起業」だとすると、0,1から0,2までの気持ちになっている時にまずは横槍さんが入ります。

 

その時に、あなたがどんな気持ちでその一言を投げ飛ばせるか…

だよね…
なのか
ご意見ありがとう…
なのか。

 

石の上にも3年といいますが、あながち嘘でもなく、やろうと決めたことだったらまずは変更無しで3年やって結論を出すことを目標にしましょう!

 

その横槍をいれた横槍さんにも
「あの時はどうも〜」と明るく感謝できることが目標です!

 

また、その横槍さんの一言で奮起できる可能性も高いのです。

 

あなたの成長の一助となれば感謝できるはずです。
後から笑い話にもできます。

まずは、歯を食いしばって3年。

 

だから、よほど3年も続けていたいと思えることをやる必要があります。

 

子育てをしながらおうちでできることはいろいろあると思います。

でも、やったりやらなかったりして、自分に甘くなった時、その、横槍さんの一言を思い出せればいいんだと思います。

 

 

結局根性必須

ということで、やっぱり「根性」は必須です。

「できなくて悔しいから頑張る」

この背中を子どもは小さくてもみています。

 

 

まとめ

おうちで起業しようと思う時、子育てをしながら両立する方法や考え方ということで、私の経験100%でお送りしました。

 

あなたがもし「おうち起業」で貢献する生き方を選ぼうとお考えなら、参考にしていただけるのではないかと思います〜

【無料】メルマガ登録はこちらです
失敗したらどうしよう…と不安だけど、これからおうち起業を目指す方へ

【あなたの新しい働き方として起業を選ぶ前に知っておいてほしいこと】

もしこのタイトルにピンときたあなたは、
これから起業しよう!
または、
本格的に起業しよう
とお考えのまじめな方かと思います。

ところで失敗しない起業に必要なことってズバリ!何だと思いますか?

今回は、起業で失敗からの再構築を果たした事実から「成功するために必要なたったひとつのこと」を知っていただきたいと思い一気に書きました!

毎週金曜に配信しているメルマガへの登録をしていただくことで、お読みいただけます。

失敗したらどうしよう…と不安だけど、これからおうち起業を目指す方へ

✅もうちょっとうまくおうち起業したい
✅起業したけどなかなか集客できない
✅本格的におうち起業したい
✅うまくいかない原因を探って再構築したい

失敗は、私が先にしておきました。

あなたは、そこを間違わないで最短距離でおうち起業を果たしてくださいね!

おうち起業 ブログ 宮城島一未式 起業の思考
宮城島一未をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました