これから在宅ワークを始める方へ「小冊子を作れるようになりたいのですが、何から始めたら良いのか?教えてください」

これから在宅ワークを始める方へ「小冊子を作れるようになりたいのですが、何から始めたら良いのか?教えてください」 Web活用

小冊子というと、紙で作られているというイメージですね!

今、在宅で求められることは、今、オンラインでできるということ。

紙で印刷して出す小冊子もいいですが、オンラインにアップして複製が簡単なeBookについて今回はお届けします!

 

WordをPDFにする

一般的に、誰かに何かを文書で渡したいと思った時には、Wordで作りますね!

(ExcelやPowerPointで作る場合もありますね)

 

それを別名保存するときに、ファイル形式を

.pdf

で保存すると簡単にPDFにできます!

 

ただ、冊子的にするならば、目次があった方がいいですよね!

 

目次を作るために、見出しタイトルを作って書いておく

ひとまずは、伝えたいと思うことを、見出しタイトルをつけて、段落ごとに書いておきます。

 

 

書く手順

まずは、eBook全体像を考えるます。

 

  1. 書きたいことを箇条書きにする
  2. 箇条書きしたものを見出しとしてタイトルを考える
  3. 見出しタイトルをコピーして、その後に貼り付ける
  4. 貼り付けた見出しタイトルの該当欄に、文章を書いていく

 

 

長いWordを作るイメージ

言葉で伝えるのは難しいですね!

 

目次
見出しタイトル①
見出しタイトル②
見出しタイトル③

 

見出しタイトル①
文章

 

見出しタイトル②
文章

 

見出しタイトル③
文章

 

このような構成になっているはずです!

 

当然、長ーくなってますね、Word。

 

 

見出しにスタイルをあてる

まずは文章を入れてある後半の見出しタイトルをそれぞれ選択して、スタイルの中から「見出し1」をあてます。

 

見出しタイトル①を選択して、Wordのスタイル「見出し1」をあてます。

続けて、
見出しタイトル②を選択して、Wordのスタイル「見出し1」をあてます。

 

このように見出しタイトルに「見出し1」というスタイルをあてます。

こうすることで、アンカーを打ったようなイメージになります。

 

目次用見出しタイトルにリンクを貼る

見出し1のスタイルがすべてあたったら、目次にとりかかります。

 

目次用の見出しタイトル①を選択して右クリックでリンクを選びます。

このドキュメント内でリンクを発生させるイメージです。

 

先に設定してある見出しタイトル①を選択し、OKボタンをクリックで、リンク完了です。

同様に、目次用の見出しタイトル②を選択し、右クリック。
リンクを選び、ドキュメント内の見出しタイトル②を選択し、OKボタンでリンク完了。

 

この手順ですべての見出しタイトルにリンクをつけていきます。

 

 

表紙を作る

Wordのはじまりを1ページ分下げて空白のページにします。

 

そこに、表紙となる画像やタイトルなどを入れます。

そうすると2ページ目の目次から始まることになりますね!

 

 

文字の大きさやページはじまりの修正

ここまでできたら、あとは微調整です。

 

何でこのeBookを読むかというと、おそらくスマホで読む方が多いと思います。

あまり小さい字ですと、読みづらいですね!

特に老眼の私としては(汗)

大きめフォント
はっきりフォント

を全体的に設定しましょう!

CtrlプラスAで全選択して、フォントとフォントの大きさを統一しましょう!

文字の大きさが決まったら、ページはじまりの調整です。

途中に画像などを入れたい場合もあるかと思います。

先に画像を入れてから、ページのはじまりが見出しタイトルになるように、改行を使って余白多めでスッキリさせましょう!

 

フッターでコピーライトを表示

フッター領域にあるものは、すべてのページに設定できます。

 

これは、私が作りました!

 

という表示、コピーライトを付けておきましょう!

 

フッターの領域をクリックして©マークを選んで屋号などを書いておきましょう!

 

まずは、Wordで保存

調整がすんでからでも、調整中でも、保存することを忘れないようにしましょう!

Wordは自動保存していてくれますが、それに頼らないことが大事です。

 

在宅ワークの場合、ファイルを保存しておくことが仕事のすべてです。

Word保存後、別名保存で、ファイル形式をPDFにして任意の場所に保存。

その時オンラインで配布できるように最小化で書き出すようにします。

 

PDFをスマホで確認

出来上がったPDFは、見出し目次の役割をする読み物になります。

Googleドライブなどにアップして、スマホで確認してもいいですね!

とにかくスマホで見た時にストレスがないことが良いeBookの基本になると思います。

また、リンクがちゃんと目標のところに飛ぶかの確認もしてくださいね!

 

まとめ

今回は、オンラインで必須の小冊子、eBookの作り方をお伝えしました。

在宅ワーク。

パソコンがあれば魔法使いようなこともできちゃいます!

リンクが飛ばせる本なんて、すごいですよね!

 

いつも使っているツールでできればそれが一番お金がかからずにできること。

本格的にと言えば、Adobeのin designを活用することになります。

まずは、Wordの腕をあげて、インデザインにグレードアップしてくださいね!

 

スキルプラス講座で動画をご覧いただけます。

文字で見てもわかりにくいですよね!

動画にしておきました。

※第13回スキルプラス講座動画でご案内しております!

 

LINE公式にお友だち追加していただくと、ばっちり同じ内容をご理解いただけます。

 

メリットをちゃんと受け取ってくださいね!

 

ラスタイルデザインのミヤギシマヒトミのLINE公式メリットはこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました