自分ブランドと自分メディア構築オンライン講座

詳しくはこちら


 

これから起業する女性の方へ「ところで、これから起業したいと思い資格を取得したのですが、どのようにしたら実績が作れるでしょうか?」

これから起業する女性の方へ「ところで、これから起業したいと思い資格を取得したのですが、どのようにしたら実績が作れるでしょうか?」 ブログ

資格取得することがゴールではなく、その資格を元にして、

「誰に、どんなサービスメニュー化にして、どうやって提供していくか」を考える必要があります。

 

そういった流れの中で、仕事としてお金をもらいながらでも実績にしていくことについて考えましょう!

 

サービスメニュー化しておく

まずは、あなたの資格を活かしたサービスをメニューに並べてみましょう。

何がいくらなのかが見えなければ頼む人も頼みづらいです。

 

 

モニター価格を用意する

その各種メニューにモニター価格を用意して、経験を積ませていただきましょう!

あなたの中の基準でいいと思いますが、例えば100名モニター様のお力をお借りしてみましょう!

 

 

モニター価格でお願いする意味

あなたの中で、例えば100人はモニター価格で提供させていただいて、「声」を集めながら、実績を積ませていただきましょう。

 

その「声」は、あたたかい声から厳しい声まであると思います。

その声は、サービス向上に役立てましょう!

 

その時に、決して無料でやらないこと。

 

あくまでも、正規価格に対してのモニター価格。

あなたはその資格を取る時にお金を使ったはずです。

その資格を持って、役に立ちたいと思ったはずです。

 

無料にすると、どんな人があなたの周りに集まるか想像できますか?

間違いなく「クレクレ星人」が集まります。

クレクレ星人は、無料、タダ、ゼロ円に群がります。

 

たちが悪いです。

 

あなたの価値を図れる人ではありません。
判断基準がゼロ円かどうか、だけですから。

 

そんな人が、モニター価格ではなく正規の価格でサービスを利用してくれると思いますか?

良さそうに見える人でも、お金にまつわることについては、ケチケチしていることは、よくあることです。

 

そして、お金をいただくことにはもう一つ意味があります。

 

 

あなたの覚悟をはかるため

無料でやろうとするのは間違いなく「自信がない」からです。

でも、あなたは高い価値を手に入れています。

 

是非、その高い価値を提供するということが対価としてお金をいただくという日常を積み重ねてください。

 

材料費が実費かかるものならお金を頂くことに躊躇なくても、資格によっては、材料費などがかからない「スキル」のようなものだったとしても、それを時給換算してみたり、世の中の相場感に見合った価格帯で設定してみましょう。

 

あなたのその「技」で、お客様を幸せにして差し上げてください。

資格によっては、背中を押してあげてください。

 

あなたのこの後の可能性は、無限大です!

 

 

まとめ

高い価値の提供をすることで、対価は発生します。

中途半端な気持ちでのビジネススタートは危険です。

プチ起業も、そういった意味では危険です。

 

起業することに、プチもへったくれもありません。

 

お金を払うお客様からしたら、プチだろうがスペシャルだろうがヘビーだろうが関係ありません。

あなたの可能性を中途半端に考えないことです。

 

プチの領域に無理矢理収めないでくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました