「おひとよし」バッジを自らつけることで振り切ったプラットフォーム作り

「おひとよし」バッジを自らつけることで振り切ったプラットフォーム作り コミュニティデザイン

ライフスタイルと共に歩けるコミュニティ作りに進むまでの苦悩?

学べるコミュニティツナができる前、私は答えが出ないまま考え続けていることがひとつあって。

どうしたらみんな集客の仕組み作りができてそれを継続していけるだろうか!と…

 

私はそういうテクニカルな作業が超好きだから、みんなも頑張ればできるしょ?って思ってました。

 

そんな時、お友だちでパーソナルカラー診断や印象作りの専門家の仲澤佳子さんの新しい取り組み「コミュニケーション眉毛」?のモデルをやってほしいと頼まれました。

 

なにそれ、コミュニケーション眉毛って?
おもしろそう!

 

ということで、1日がかりで、脳タイプ別眉メイクというのを経験しました。

 

 

結論言っちゃうと、

この眉メイクをしてもらってから、私のこれまで疑問に思ってきたことが吹っ切れた!

 

眉メイクってその「脳タイプ」によって描き方が違って。

逆に言うと、
「なりたい自分」になりたいから、脳を騙す(笑)ことができちゃった結局のところ。

 

未だに心地よく騙され続けている(笑)

 

そうそう、

「みんなの集客を私がやろう!だってそれが私の得意なことだから!」

と。

 

 

プラットフォーム作りをしていこうということにギアが入りました。

 

眉メイクしたことで、「プラットフォーム作りがしたい私」に即チェンジしちゃったの、不思議だけど。

はてさて、

 

でも、どうやって?
誰を幸せにするもの?

 

そう簡単にはいかない!

ここにぶち当たった時に

私ができることと、佳子さんができることを掛け合わせたらどうなる?って天からの声が聞こえて…

直感ってやつだと思うんだけど(笑)

お!
なるほど!

と、ひらめいた!!!

 

 

私は起業のサポートが一切合切できる
佳子さんは第一印象を組み立てることができる

 

結局「あなたにお願いしたい!」と言われて始まる起業ができるようにしてあげたいでしょ!

 

だとしたら、「見た目」ってめちゃくちゃ重要。

 

 

彼女のパーソナルカラー診断を受けた時に私は怒られました。

「そんな気持ちじゃ、頼みたくなくなるから自分色を知ってくださいね~!」

 

と、キッパリさっぱりスッキリ言われました。

 

 

そう私は、

デザイナーとは言え、自分が目立つというよりはお客様を引き立てることが私の役目。

 

 

だから「黒子」というスタンスでいいんだ!と思って、黒・グレーあたりの無彩色の洋服選びをしていました。

化粧も適当だし。

実際に、彼女のパーソナルカラー診断を受けて、「自分色」を身にまとっていくと、寄せ付けるもの、引き寄せる人が全く違ってきました。

 

嫌なものを寄せ付けなくなるのです。

 

だから、私はいつもハッピーちゃんでいられます、マジで。

 

起業しているということは、そのスキルの高いことは当然です。
これ機能的なあなたの価値ですね。

 

一緒にお仕事したい!過ごしたい!頼みたい!と言ってもらえるのは、情緒的なあなたの価値ですね。

 

機能的価値と情緒的価値の両方を兼ね備えていないと、

これからの時代は無理!!!!

私と佳子さんで何かを始めたら、こりゃ面白いことになるなぁ…

 

 

そんな軽い気持ちで、佳子さんに一連の話をしたら

おもしろそう!
やろ~!

って即答してくれて(笑)

 

ひとみとよしこなんで、
お「ひと」「よし」

お人好し(笑)

 

 

これでいこう!
ってかそれでいいじゃん!

 

ということが2021年の5月~6月にかけてありまして、プラットフォーム作りができそうだ!ということに着地しました。

 

実は、これと同時に面白い出会いもありました。

 

 

それについては次回…

コメント

タイトルとURLをコピーしました