苦手なことがみんな違うように、得意なこともみんな違う。得意なことだけして生きていける場所を作ったらみんな気持ちいいんじゃないか?

苦手なことがみんな違うように、得意なこともみんな違う。得意なことだけして生きていける場所を作ったらみんな気持ちいいんじゃないか? コミュニティデザイン

ライフスタイルと共に歩けるコミュニティ作り。
それは、中長期に渡ってコミュニティと生きていくってこと。

ということは、その中に居てほしい人って重要!

というか、「人」以外の要素としては「価値観」

それがばっちり合った!
合っちゃった!というか運命でしょうね、これは!

 

佳子さんともそうだったの。

私が苦手なジャンル。
そう、見た目を整えるとかおしゃれをするとか、そういうこと。

 

私は実はそういうの大の苦手で、なんでもいいじゃん!と思っていたのです。

 

それより、パソコンのスペックの方が気になる!
というタイプ。

もうひとつ苦手なことは、考えをロジックにまとめて伝わる言葉にすること。

書くこと、伝えることは嫌いじゃない。

むしろ好きなことだけど、価値を提供できるくらいかどうかといえば、専門分野とは少し離れてる。

 

そんな時、存在としては知っていたし前のめりな半怒り気味なおもしろい観点を持っている人だということもSNSでは知っていたそう樋口妙子さん。

 

私よりも先輩だけど、むちゃくちゃかわいい(笑)

そんな無礼なことを言ってしまう私

 

樋口さんも2021年5月ころ。

急激に私のFacebookのフィードに上がってくるようになった樋口さん。

「最強のショートPRクリエイター」って強そうだ!

なんだなんだ!

おもしろそうだぞ!

と思って絡みまくってました、私。

そうしていると、樋口さんたちのFacebookライブにお呼ばれすることになりました。

 

その打ち合わせもかねてZoomにて初ご対面!

実は、2015年くらいからブログ仲間でFacebookではお友だち。

 

家事が超得意なコピーライターさん。

 

「腰が痛くて整体院にいったらお弁当屋さんの販促にスカウトされた話」

あ、これ樋口さんエピソードね。

それがもう感激すぎて、面白すぎて、偶然ってないんだな!ってびっくりした!

実は樋口さん、コピーをはじめとするライティング、天才!
でも、テクニカルなことについては苦手だ~~~!

ご本人談(笑)

「宮城島さん!ヘルプ!」

そんな要請により、何度も救助(笑)

でも、私も、

「この文章、どうしたらもっと共感してもらえるかなぁ…」
という場面で樋口さんに助けてもらった!

あ、得意なことだけやって苦手なことはそれが得意な人に任せちゃった方が気持ちがいいや!って、ここでも経験。

 

 

佳子さんにも任せっきりで、

樋口さんにも任せっきりで。

 

 

でも、

私は私の得意なことで恩返しできる!

 

 

そう、恩返しがじゅんぐりに。

ギバーとテイカー

なんて言って、

テイカーになるな!的なことをよく聞きましたが。

 

私は思う!
そんなのどっちでもいいから、駆け引きなんかするなよ!と。

 

自分の本音本心に聞いてみたらわかることだ。

 

自分の中に「欲」があると、

与えることが先で

そのあとちゃんと「お返し」があるから…的な発想になると思うけど、

その「欲」いっぺん外した方がいい!

 

絶対、外した方がいい!!

 

そのうえで、
「みんながどうしたら喜んでくれるかなぁ」
って考えると、自分が今やった方がいいことが明確になってくる!

 

 

例えば、
子どもがお母さんを大好きなのって、そこに計算とかないじゃないですか~

 

ただお母さんを喜ばせたくて、頑張っちゃうみたいな。

そうすると、お母さんも「ご褒美」くれたりして。

 

ご褒美を目的にしているわけではなくて、単純にお母さんに笑顔になってほしいから喜ばせようって。

 

これは究極のマーケティングだなって思ったんですよ!

もちろん…

 

私が、佳子さんができることもできるようになって、

樋口さんができることもできるようになったら、

 

私一人いれば、別に勝てる(笑)
無敵だ(笑)

 

いやいや、そうではなくて。

 

佳子さんも得意なことに全力投球して、

樋口さんも得意なことに全力投球して、

私も得意なことに全力投球して生きていけたら

こりゃ幸せだろう!と。

 

 

そんなことから、

私のやりたいことが見えてきて、そういう想いを樋口さんに伝えたら、やっぱりさすがだなぁ…

 

 

こうやれば勝ち筋が見えるよと、

導いてくれた!

その言葉を借りて、

「私、みんなで勝ちたいんだけど。得意を活かした学べるコミュニティをやりたいんだけど…」

と、ツナ会という遊びで作った仲間たちに気持ちを届けたんです。

 

 

そしたら、
やろ~
って言ってくれた。

 

 

それが
2021年6月。

だがしかし、この6月。

 

 

私が超ピンチで、結果入院・手術という6月~7月となりまして。

ただこの入院。

自分のことだけに集中できるめちゃくちゃ良い環境。

 

 

神のはからいか!

2021年6月から7月。

病院のベッドの上で私は何をしてきたか。

またお話していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました